ロゴ

販売店で補聴器を購入する前にまずは耳鼻科に相談

耳が聞こえにくくなってきたら?対応すべきこと

大きな音が聞き取りづらくなった、ささやき声が聞こえなくなってしまったというように、耳が聞こえにくくなってきたら生活の質が低下します。また、コミュニケーションがとりにくくなりますので対人関係にも大きな変化が現れます。また聞き取れないジレンマからイライラするというような状況に陥ることもありますので、「聞こえにくくなった」と感じた時点で早めに耳鼻科へ出向き「聴こえ」に対する診察を受けましょう。
病気が原因で耳が聞こえにくくなっていることもありますが、その場合は適切な治療を受けることで聴力を回復させることができます。明らかな聴力低下や難聴の状態が続くようであれば、補聴器を利用するなどの対策が必要になります。

広告募集中